副作用のある脱毛器

広範囲の処理

脱毛器を買う時に注意すべき点は、安全性、使いやすさ、購入後のサポートの3点です。
どれほど脱毛効果があっても肌荒れや火傷といった副作用のある脱毛器は使えないので、購入に際しては安全性に注意してください。

 

脱毛器が簡単にあつかえるかどうかも購入前に調べてみましょう。購入後の支援体制が十分だと予想外の事態に遭遇した際に困らなくて済みます。これまでの脱毛は、「ニードル法」というニードルで毛穴を刺激するものなど、痛みを伴う方法が多くありました。

 

けれど、最近の脱毛サロンで使われているのは、「フラッシュ脱毛」とよばれる方法です。人によって個人差がありますが、フラッシュ脱毛であれば少しちくっとする程度で、それほど痛いとは感じません。
ただ、Vラインのような毛が濃い部分はちょっと痛みが強くなります。

 

前から、毛深いことが気がかりでした。脱毛をしたらいいよ、と友達から教えてもらって、自分も脱毛しようと決めて、最初は、ワキをして貰うことにしました。脱毛してもらったところが、ムダ毛のないすべすべの肌になっていったので、ワキ以外にもして貰うことにしました。肌の色も明るくなったように感じました。